〒761-8081 香川県高松市成合町728-7

TEL:087-885-1233

香川県高松市の内科 大饗内科消化器科医院 内科 消化器内科 心療内科

ブログ記事一覧

MOBILE SITE
HOME»  ブログ記事一覧»  アンチエイジング»  EDなんて恐くない

EDなんて恐くない

EDなんて恐くない

2018年5月に開催されました日本抗加齢医学会総会のシンポジウム、「EDなんて恐くない」というセッションに参加してきましたので、発表内容を以下にまとめてみました。

EDは加齢のみでなく、動脈硬化や血管内皮障害を始めとする生活習慣病と関連します。
すなわち、EDのリスクファクターとして、糖尿病、高血圧、肥満、睡眠時無呼吸症候群、慢性腎臓病などが挙げられます。

糖尿病では血管内皮障害が早期から出現します。糖尿病ではEDの有病率が高く(64%)、ED初診の34%は耐糖能異常を認めます。なお、糖尿病を対象とした研究では、長い座位時間を有する人は運動習慣があってもEDが増加することがわかっています(すなわち、立っていないと勃起しなくなる)。20ー30分毎の5分程度の立位や歩行・スクワットなどの筋トレがよいとされています。

うつ症状、夜間排尿回数とEDは正の相関を、運動習慣はEDと負の相関を認めます。

肥満は独立したEDのリスクファクターで、運動や食事で減量することによって勃起機能が回復するとの研究が多くあります。

睡眠時無呼吸症候群も独立したEDのリスクファクターで、治療介入により勃起機能は有意に回復します。なお、バイアグラなどPDE-5阻害薬には鼻閉の副作用があり、睡眠時無呼吸症候群が悪化することがありますので注意が必要です。

アルコールはEDに対する予防的効果があるとされますが、少量の飲酒でも血管内皮機能が低下するとの報告もありますので、飲みすぎは禁物です。

タダラフィル(5mgは商品名ザルティアで前立腺肥大改善薬、20mgは商品名シアリスとして勃起不全改善薬)には、動脈硬化・血管内皮機能改善効果、インスリン抵抗性改善効果も認められ、前立腺肥大・勃起機能改善効果を併せ持つ、アンチエイジング薬と位置づけられます。

血管内皮機能を高めるレスベラトロールは、長寿遺伝子であるSIRT1を介して陰茎海綿体平滑筋細胞内のNOを高めることから勃起力を高める可能性が示唆されております。

2018-07-26 08:31:00

アンチエイジング

 
pagetop
PAGE TOP